タイ航空A350-900のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)の機内食

この記事は、タイ航空A350-900のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)搭乗記の続編になります。

出発地が中国なので、中華料理を選択しようかと思いましたが、メニューを見るとワンプレートでの提供になりそうな気がしましたので、Western Couisine(ウエスタンクイジーン)を選択。

しっかりと煮込まれた牛肉は柔らかく、ソースは若干味付けは濃かったものの、「迷ったら肉にすれば間違いなし」の法則を裏切らない味わいでした。

まずはウェルカムドリンク
続いては、定番のシャンパン
Western Couisine
Western Couisine

刺身などの魚料理は、思っていたよりも新鮮で生臭さもなく美味しくいただけました。

デザートは、海外で提供される割には甘さ控えめで(それでもやっぱり甘いですが)、食べられないことはありませんでしたが、量は多く、プッチンプリン(大)を連想させられました(笑)。

Western Couisine
Western Couisine

更にチーズやクリームチーズ、リンゴにクラッカーなどが提供されましたが、お腹が限界を超え、途中リタイヤです(笑)。

Western Couisine

(参考)

帰りはエコノミークラスでしたので、チキンカレーを選択。ラウンジでお腹が満たされていたので、カレーを少しいただく程度となりました。デザートのマンゴーアイスは美味しく頂きました。

平成31年2月下旬@バンコク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。