本日オープンした「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームス)」を訪問

中部国際空港(セントレア)に本日オープンした「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームス)」を訪問。

いよいよオープン

当初の予定より少し遅れることとなったが、無事にオープン。

シックな入口

施設内は、シアトルの町中を模した飲食スペース(無料)とボーイング787ドリームライナーを格納した展示スペース(有料)に分かれている。

シアトルテラス(飲食スペース)

展示スペースと飲食スペースが隣接
スタバは絶好の鑑賞スポット

ボーイングの飛行機やマリナーズの看板を見ていると、カナダ旅行をした時に訪れたシアトルのボーイング工場やイチローや佐々木が登場した大リーグ観戦の記憶が甦る。

スタイリッシュなスタバ
座り心地の良いソファから
空港ラウンジより快適かも

飲食スペースからもボーイング787ドリームライナーが良く見え、コーヒー片手に寛ぎながら飛行機を眺められる。

間近に迫るドリームライナー

スターバックスのほか、他の飲食店も飛行機を眺められる席をしっかり確保しつつ、座り心地の良さそうなソファや椅子を配置していて、個人的には好きな空間。

青と白のシンプルなエンブレムが素敵
様々なボーインググッズが揃う

ボーイングショップには、ボーイング関連のグッズが数多く揃っており、飛行機ファンにとっては、見ているだけで楽しい。

プロジェクションマッピング

時折、展示スペースが暗くなり、プロジェクションマッピングショーが繰り広げられて、館内を盛り上げている。

座り心地の良いソファに身を委ねて、のんびりしながら、空港ラウンジより居心地が良いかもと思ったりもする。

 

展示スペース

機体が美しい
展示スペースと飲食スペース

ひととおり飲食スペースをめくった後に展示スペースへ。展示スペースに入るとボーイングドリームライナーがより大きな迫力で迫ってくる。

シアトルの工場を再現

プロジェクションマッピングを4階から眺めることができるという「フライウィズ787ドリームライナー」の整理券を先に確保してから展示スペースを探索することに。

かっこいい 操縦席
ロールスロイスのマークが光る

間近で見るドリームライナーは、光沢があり美しい。操縦席を見学するとともに、エンジン部分にロールスロイスのマークがあるのを確認し、ちょっぴり感激。

飲食スペースからも良く見える
なかなか洒落た施設
プロジェクションマッピング

全体を見て回った結果、フライトオブドリームスは、良くも悪くもドリームライナーが圧倒的主役な施設という印象。

正直なところ、大人1,200円は少し高いと感じる。また、空港の搭乗口から歩いて10分弱の距離は、空港利用時には使い辛い印象。

ただ、無料の飲食スペースで食事や休憩をする時間があるなら利用価値が高いのでは。朝便でなければ早めに空港に到着するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。