【小樽】群来膳のカウンターでいただく、海の幸♪

今回の札幌・小樽滞在において、一番楽しみにしていた群来膳で、お寿司を満喫(6,200)。

  • ヒラメ ○
  • マグロ 千葉銚子240kg ◎
  • アワビ 
  • 北海道白子 ◎
  • 縞鯵
  • ヤリイカ 北海道 ○
  • ホッキ
  • いくら ○
  • ホタテ オホーツク ○
  • トキシラズ
  • ボタン海老 ミソ ◎
  • ウニ ◎
  • 〆鯖 
  • 金華サバ ○
  • ソイ ◎

スターターであるヒラメは、爽やかで上品です。

千葉銚子産の240kgという一品(マグロ)は、見た目も味も◎です。

アワビはコリコリで、かなり良さそうな素材と思われますが、それほど好きな食材ではないので・・・。

旬の白子、好きです。高貴な味わいが堪りません。

縞鯵

ヤリイカの甘さや、ホッキ貝のシンプルさに北海道を感じます。

いくらとオホーツク産のホタテトキシラズを食べると、札幌に住んでいた大学時代が思い出されて、嬉しくなってきます。

ミソの載ったボタン海老の甘さほ、とろけるようで大満足の一品です。

ウニは、私の一番好きな素材ですが、赤潮の影響で品不足となっています。

普段以上に高価な一品を味わっていただきます。

「やっぱり、北海道て食べるウニは、最高です♪」(旬のモノには勝てないですが・・・)

追加で、〆鯖と好きな素材であるソイを注文。

〆鯖は、キレのある味わい。宮城の金華サバというのも、嬉しい限りです。

ソイは、北海道を感じる素材の一つで、大学一年の頃に網走で食べて以来のファンです。厚めで、どことなく甘さを感じる味わいに満足です。

令和4年@北海道小樽市

北海道,小樽市,鮨,寿司,群来膳,マルチふるさと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。