【里と森の教室】お正月の準備
(餅つき、鏡餅・伸し餅、焼き芋、豚汁、門松づくり)

令和3年12月下旬に、最後の「里と森の教室」が開催されました。

※11月には、秋の収穫祭がありました。

今回は、「お正月の準備」ということで、餅つき、鏡餅・伸し餅、焼き芋、豚汁、門松づくりなどを体験。

今回新調された臼を使って、餅つきです。

かなりの量をつかなければならなかったので、男性陣は、ヘトヘトでしたが、楽しいひとときです。

もち米(蒸し)
餅つき

ついたばかりの餅を鏡もちにするため、熱々のお餅を丸めて鏡もちにしたり、伸ばして伸し餅にしたり。

鏡もち

作業をしてくれた女性陣は、最後にはプロ並みの腕前になっていました(笑)。

伸し餅

餅つきと並行して、焼き芋づくり。石を熱々に温めて、遠赤外線で焼き芋にしていきます。

焼き芋づくり
焼き芋(紅はるか)

紅はるかの焼き芋は、ねっとりしていて、最高の味わいです。

焼き芋(紅はるか)

作業終了近くになると、具沢山の豚汁で小休憩。

豚汁

立派な門松も出来上がり、本日の年末作業を終えましたので、あとは新年を迎えるばかりです。

「平和・平静で、実りある令和4年」になりますように!

門松

令和3年12月@愛知県瀬戸市

愛知県,瀬戸市,里と森の教室,マルチふるさと,餅つき,鏡もち,豚汁,焼き芋,門松,お正月,伸し餅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。