スープカレーの横綱「GARAKU」の「野菜15品目大地の恵み」は、旨味の宝庫

スープカレーが市民権を得て、長い時が経ちます。

私が北海道大学に通っていた頃には、存在しなかった(はず)ものの、今ではすっかり札幌名物となっています。

GARAKU
GARAKU

という訳で、思い出の味はないスープカレーですが、ここ数年、開拓を進めています。

札幌市では、大学時代の後輩に薦められた「PICANTE」や「マジックスパイス」のほか、前回GARAKUを目指したものの、あまりの行列に断念した際に行った姉妹店の「トレジャー」など。

自転車日本縦断の最終区間に位置する留萌市の「カリー ザイオン」にも行きました。

最後まで飲み干したくなるほど、どこのお店もスープが味わい深く美味しいのです。
個人的には野菜の旨味がギュッと凝縮されているために、堪らなく惹かれる要因だと思っています。

そういう訳で、今回のGARAKUでは、「野菜15品目大地の恵み」を注文。

野菜15品目大地の恵み
GARAKU

これだけ野菜の入ったスープカレーが美味しくないはずはありません。

加熱された野菜は、旨味成分をしっかり放出、とろけるような旨味を引き出していて、期待を裏切りません。

GARAKU

令和2年2月@北海道札幌市


GARAKU,野菜15品目大地の恵み,ガラク,トレジャー,PICANTE,マジックスパイス,カリーザイオン,スープカレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA