【長野県】北穂高岳に登り、涸沢でキャンプする初秋の北アルプスは至福。

 標高日本第9位(3,106m)の北アルプスにある北穂高岳に登ってきました。

 今回、登山の前後日は涸沢でキャンプ泊ということで、かなりのゆったりスケジュール。

 テントに籠りながら外の景色を眺めるひとときは至福です。

テントから見る北アルプス

【1日目】
 沢渡の駐車場に車を止め、バスに乗り上高地へ向かいます。

 今回はキャンプ用品を収納しているため大きな荷物となっています。

上高地バスターミナル

 緑溢れる木々の間から梓川へ射し込む太陽光が神秘的で、澄んだ空気は身体全体に染みわたり心地良いです。

神々しい朝の光

 徳澤園のキャンプ場は、明るく緑豊かで気持ち良く、名物のソフトクリームで糖分を補充し、先に進みます。

徳澤園キャンプ場

徳澤園でソフトクリームタイム

気持ちの良い初秋の北アルプス

 横尾からは登りが始まります。本谷橋で小休止して涸沢を目指します。

 平(たいら)で、山々を良い角度で眺めることのできるテン場を確保した後、涸沢ヒュッテで、奥穂高岳や北穂高岳を眺めながら名物の「おでん」タイム。

 翌日の北穂高岳アタックに向けて、早めに就寝。

涸沢キャンプ

【2日目】
 3時発を予定していましたが1時頃にポツポツ…雨(泣)。

 3時頃には止んだためほっとひと安心。岩が滑ると怖いため5時発に変更しアタック開始。

 涸沢小屋の脇を抜け、ガレ場や鎖場をこなしていくとテン場が次第に遠ざかり、ハシゴを登りきるとモルゲンロートの奥穂高岳や前穂高岳の美しい姿が眼前に広がります。

涸沢岳と奥穂高岳

 霧や雲がかかった姿もまた神秘的。

朝霧もまた美し

もうすぐ山頂

 山頂からは、奥穂高岳や前穂高岳、笠ヶ岳などの雄姿を眺められます。

北穂高岳山頂

北穂高岳山頂

 山頂から5m下の山荘で「北ホ」ステッカーを購入。

 山頂で3時間ほど景色を眺めている間、神奈川県から来られたという「Hさん」という方と登山話に花が咲きます。

険しい山々

 一緒に下山し、涸沢小屋でアルプスを眺めながら、「おでん」、「ソフトクリーム」のランチタイム。

 ゆったりとした時間の流れが贅沢です。

ガレ場と梯子

涸沢小屋でソフトクリームタイム

 その後、夕暮れのアルプスを涸沢ヒュッテと涸沢小屋から眺めて就寝。

【3日目】
 深夜、北斗七星をはじめとする星が煌めき、月明かりにうっすらとシルエット浮かばせた北アルプスが美しく壮大で癒やされます。

前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、涸沢槍

 早朝の北アルプスを歩く爽快感や本谷橋での休憩に癒やされます。

 徳沢園では、往路に続き名物のソフトクリームをいただき小休止。

 その後は一気に進み、あっという間に河童橋に到着。

河童橋

 橋の目の前には五千尺ホテルがあり、目をやると「sweet cafe&Bar Lounge」なる空間が…。

 ラウンジ好きにとって、使命感的に「これは行かねば!」という想いに動かされ「レアチーズケーキセット」をいただきます。

sweet cafe&Bar Lounge

 山々の自然も良いけど、文明社会の空間も良しです(笑)。

 帰りは、「泡の湯」へ立ち寄ります。山の中にある自然豊かで趣のある露天風呂は、登山の疲れを癒してくれます。

泡の湯

【後日談】

 涸沢にテントのフライを忘れてしまいました。少しだけ干しておこうと思って、鎖に掛けておいたのをすっかり忘れていたようです。

 何度も確認したはずでしたが、早朝で暗かったこともありチェックが完全ではなかったようです。

 帰宅翌日、干しておいたテントをしまおうとした時に気が付き、涸沢フュッテに連絡。

 無事に保管していただいていたため、着払いで送付いただくこととなりました(830円)。今後の教訓にします。

~ 旅の記録 ~

【1日目】
0215 自宅 発
0335 中津川IC(19号) 65km
0443 seven eleven(木曽町入口)着 134km
 0451 
0454 藪原分岐  138km
0530 奈川渡分岐 169km
0539 沢渡・第3駐車場 177km

0630 沢渡バスターミナル 発
0655 上高地バスターミナル 着
 0710
0755 明神池 着
 0805
0850 徳澤園 着
 0910
1005 横尾 着
 1033 
1130 本谷橋 着
 1155
1325 涸沢分岐  
1332 涸沢ヒュッテ 着
※その他 15分程度休憩
●実登山時間 307分
●休憩合計 約90分

【2日目】
0458 涸沢ヒュッテ 発
0506 涸沢小屋 着
 0510
0531 とあるガレ場
 0538 
0623 ハシゴ 着(奥穂高岳 鑑賞タイム)
 0631
0715 北穂分岐 着
 0720
0725 北穂高岳 着
※その他 15分程度休憩
●実登山時間(上) 115分
●休憩合計 約40分

1007 北穂高岳 発
1112 ハシゴ 着
 1115
1220 涸沢小屋 着
※同伴者あり(女性)
●実登山時間(下) 125分
●休憩合計 約10分

【3日目】
0438 涸沢ヒュッテ 発
0555 本谷橋 着
 0615
0703 横尾 着
 0710
0800 徳澤園 着
 0820
0902 明神池 
0940 河童橋 着
●実登山時間(下) 255分
●休憩合計 約50分

1045 上高地バスターミナル 発
1110 沢渡バスターミナル 着

1120 沢渡バスターミナル 発
1132  泡の湯 着 184km
 1255
 1305 駐車場通過 190km
  1317 奈川渡分岐 198km
 1355 国道19号分岐 228km
 1456 妻籠分岐 280km
 1524 中津川IC 300km
 1535 土岐分岐 309km
 1704 自宅 着 365km

【Audible】
 世界英雄伝説8~10

2023年9月@長野県松本市

長野県,松本市,岐阜県,高山市,上高地,北アルプス,北穂高岳,奥穂高岳,前穂高岳,涸沢小屋,涸沢ヒュッテ,涸沢岳,五千尺ホテル,レアチーズケーキセット,河童橋,涸沢,徳沢園,ソフトクリーム,泡の湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。