アウトドア天国・長野県の拠点都市であり、マルチふるさと計画の候補地である松本をぶらり散策

鈍行列車に揺られながら、木曽川沿いを北上。

何度も利用しているJR中央線だけに、ずいぶんと見慣れた景色になってきましたが、やはり雪景色というのは惹かれるものです。

寝覚めの床

松本駅に到着すると「まつもとぉ~、まつもとぉ~♪」という女性のアナウンスが流れます。

特徴のあるアナウンスなので、これを聞くと松本に来たという実感が湧きます。

松本駅

どのように特徴があるかというのを説明するのに、女子大生風の2人組の会話を紹介します。

「まつもとぉ~、まつもとぉ~♪って、いつも思うけど頭に残るよね」

「そうそう、なんかさ~、いしや~きいもぉ~♪と同じイントネーションだよね」(笑)。

特に目的もなく、ぶらぶらと街なか散策に出掛けます。

川沿いに以前気になっていたレトロな喫茶店「まるも」を見つけたため、暖をとるため入店し、コーヒーとトーストのモーニングセットを注文。レトロな雰囲気が落ち着くお店です。

珈琲まるも
モーニング@珈琲まるも

ゆっくりした後、再びぶらぶらと散策していると、松本城に到着。

車窓からは見たことがありますが、ちゃんと見たのは初めてかもしれません。

大きくはありませんが、歴史を感じるとともにシルエットが格好良く、人気があるのが分かります。

松本城

松本城を後にし、ランチタイム。途中で気になっていた重厚な建物で雰囲気のある「BIEN」というお店へ。

建物内の質感は今ひとつだったのは少し残念ですが、ゴロゴロ肉がたくさん入った大名カレーは美味でした。

BIEN
カレー@BIEN
カレー@BIEN

令和3年1月@長野県松本市

長野県,松本市,珈琲まるも,BIEN,松本城,マルチふるさと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA