バンコク・スワンナプーム国際空港のAIRFRANCE Lounge(エールフランスラウンジ)を訪問

バンコク・スワンナプーム国際空港のAIRFRANCE Lounge(エールフランスラウンジ)を訪問。

タイ航空の最新鋭機材A350-900に乗り中部国際空港(セントレア)に向かう前にタイのバンコク・スワンナプーム国際空港にあるラウンジを巡ります。
AirFrance LoungeはコンコースFにあり、白を基調とした落ち着いた雰囲気のラウンジです。

AIRFRANCE Lounge

入って右側にダイニングやシャワー、トイレなどがあり、左側はソファ席やマッサージチェアを配置し、左側に広い作りとなっています。ソファの他に、ダイニングテーブルを備えた席があり、利用用途やメンバーによって使い分けができそうです。

AIRFRANCE Lounge(R)

AIRFRANCE Lounge(R)

AIRFRANCE Lounge(R)

AIRFRANCE Lounge(L)

ソファは、隣の席との間隔が程良く空いており、高さは低めとなっていることから窮屈な感じはありません。

AIRFRANCE Lounge(L)

アルコール関係は少ないように感じましたが、食事はサンドイッチの種類が豊富で、さすが食の国フランスと感心しました。

AIRFRANCE Lounge(L)

AIRFRANCE Lounge(L)

AIRFRANCE Lounge(R)

シャワーは数室あり、トイレと共に非常に綺麗です。

全てがオーソドックスで、良い意味でこれといった特徴がないことから頻繁にラウンジを利用する方には落ち着くタイプのラウンジなのかもしれません。

AIRFRANCE Lounge(R)

平成31年2月25日@タイ・バンコク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。