海の幸が抜群に美味い「ちょうつがひ」(宮城県)に大満足!
cafe have’nt we metにも立ち寄りつつ。

後輩が薦めてくれた「居酒屋ちょうちょう」の予約が取れなかったため、昨年の夏くらいにオープンしたという3号店「ちょうつがひ」へ。

ちょうつがひ

「ちょうつがひ」は、1号、2号店と比べ、炉端が無いため、焼き魚が食べられない点は残念ですが、満足度が高い内容でした。

訪問前に気になるカフェ「gramme」に向かいますが、違うお店に変わっていました、残念。

ちょうど、もう1軒気になっていた「cafe have’nt we met」が隣接していたので、そちらへ。

cafe have’nt we met

こじんまりと親しみが湧く店内で、美味しい珈琲に濃厚なベイクドチーズケーキをいただきながら読書タイム。

cafe have’nt we met
cafe have’nt we met

癒やされるひとときです。

予約時間が近づいたので、店を辞して、ちょうつがひへ移動。

宮城県の日本酒「蒼天伝」とお通しの「白子の茶碗蒸し」からスタートです。

「蒼天伝」と「白子の茶碗蒸し」

お薦めの「お刺身の4種盛り」と「鱈のフライ+タラキク(白子)」に加え、名物の「ポテサラとスパサラの合盛り」を注文。

おすすめメニュー

店長の粋な計らいで6種盛りになりました、ありがとうございます。

炙りマグロ天然鰤、石巻の天然鰆天然平目胡麻カンパチ〆鯖という豪華ラインナップ。

お刺身の4種盛り

どの素材も抜群の鮮度で、大満足、これで680円とは驚きです(店長が一人前にしてくれています)。

鱈のフライは、新鮮な鱈がサクサクに揚げられていて、旨味が凝縮されています。天ぷらの醍醐味ですね。

鱈のフライ+タラキク(白子)

ポテサラとスパサラの合盛りは、サラダですが手抜き無しの1品、自家製のタルタルソースも含め人気の訳です。

スパサラに平麺というのは珍しいですが、これがまた良いです。

ポテサラとスパサラの合盛り

追加して、「アン肝」「天然鯛の磯部揚げ」を注文。

この2品は、今回最高の満足度。

アン肝は、濃く日本酒との相性バツグンで、添えられている奈良漬けが、これまた合う。

あん肝

天然鯛の磯部揚げは、鯛の旨味が詰まった一品に仕上がっていて、再注文しようかと思ったほど好きな味です。

天然鯛の磯部揚げ

仙台では、訪問マストなお店になりました、次回も楽しみです。

令和2年1月@宮城県


ちょうつがひ,宮城県,居酒屋ちょうちょう,鱈のフライ,アン肝,天然鯛の磯部揚げ,蒼天伝,ポテサラとスパサラの合盛り,お刺身の4種盛り,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA