国際線機材であるB767-300に搭乗し、 中部国際空港から成田国際空港へ(ANA便・ビジネスクラスシート)

東京に用事があり、中部国際空港から成田国際空港へ飛行機(ANA)で向かいます。

新幹線で行く方が、トータル時間は少なく、早起きの必要もないのですが、ある目的のために空路を選択しました。同僚からは、「名古屋から東京へ飛行機で行く人なんているのですか!」と言われていますが(笑)。

その目的とは、国際線機材を使用して運行している国内線区間のビジネスクラスシートを体験することです。

chubu-kokusai airport

中部国際空港(セントレア)から成田国際空港の区間には国際線機材であるB767-300で運行される便があり、機の前から11列(2-1-2配列)がビジネスクラスシートになっています。

B767-300

今回は、11Gの席を確保。ビジネスクラスシートエリアの最後尾・窓側に位置します。

B767-300(763)なので、シートなどは最新とは言えませんが、開放感があり、ゆったりとしたシート、余裕のある座席間隔は、さすがはビジネスクラスです。

また、ビジネスクラスシートのため座席のリクライニングが優れており、早朝便利用者にはありがたいところです。

Bussiness seat
Bussiness seat

この便のビジネスクラスシートは、プレミアムクラスでなく、通常シートと同じ料金で搭乗できるのでお得感があります。1時間程度と短い飛行でしたが、満足度が高いフライトでした。

平成31年2月22日@成田国際空港

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。