【予約】Thai Airwaysの新型B777-300ER__First Classを予約発券!+Bussiness Class

 新型のB777-300ERに設定されたファーストクラスに乗るチャンスがあるとの情報を得ました。

 チャンスがある時に実践パッケージとしてまとめ上げるのが大切だと思っているため、早速、ひとつの旅程として計画を立て、予約・発券までを一気に終えました。

 その際に考慮したのは、

・ファーストクラスに乗る。
・ファーストクラスラウンジを訪問する(航空会社の所属する国発)
・気になっている機材のビジネスクラス搭乗を盛り込む
・国内線を付加する

 新型B777-300ERのファーストクラスは、個室タイプで機内食も充実との評判であるため、期待が高まります。

新型B777-300ERファーストクラス
新型B777-300ERファーストクラス

 ※シンガポール航空のファーストクラス搭乗記事(その1)はこちら。

 ※シンガポール航空のファーストクラス搭乗記事(その2)はこちら。

 今回はタイ航空を利用するため、タイ航空が所属するタイ発の便に搭乗します。

 エアライン会社が所属する国に設けられたラウンジは、最も重要視されており、質感が高い特徴があるためです。

 タイ航空は、A350-9_ビジネスクラス(北京⇒バンコク)に搭乗して以来久しぶりなので楽しみです。

 ※タイ航空のビジネスクラス(A350-900_)搭乗記事はこちら。

 他の搭乗したい機材として、

・シンガポール航空(A350-900_ビジネスクラス)
・シンガポール航空(B777-300_ビジネスクラス)
・ANA(B787-9_ビジネスクラス)

 を盛り込みました。

 シンガポール航空(A350-900_ビジネスクラス)はヘリボーンタイプの配席。

シンガポール航空(A350-900

 どうしても搭乗したかったため、以前にシンガポールからオーストラリア・パースへのフライトを予約していたのですが、新型コロナウイルスの影響で、キャンセルとなってしまった経緯がありますので、特に楽しみにしています。

 ※シンガポールからオーストラリア・パースへのフライト予約の記事はこちら。

 また、人生初のファーストクラスに搭乗した際に利用したシンガポール航空_B777-300のビジネスクラスも気になっていたため、旅程に組み込んでいます。

B777-300_ファーストクラス

乗るはずだったA380-800

 国際線を予約する際には、裏技的に国内線区間を付加できるため、今回は那覇空港 ⇒ 中部国際空港を追加しておきました。

 状況によっては、キャンセルすることもあるかと思います。

 ただ現段階では、新型コロナウイルスの影響により、以前と比べると準備する書類や気にすべき事項、実施しなければならない事柄など多岐に渡りそうですが、しっかり処理して楽しみたいと思っています。

2022年8月@愛知県

愛知県,ANA,ファーストクラス,ビジネスクラス,シンガポール航空,タイ航空,B777-300ER,B777-300,A350-9,B787-9,ラウンジ,ロイヤルラウンジ,ANAラウンジ,SQラウンジ,クリスフライヤーラウンジ,チャンギ空港,ジャカルタ,シンガポール,タイ,

~ 参考 ~
ANAマイル活用:88,500マイル

1 OKINAWA(NAHA)  NAGOYA(CHUBU)
2 NAGOYA(CHUBU)  TOKYO(HANEDA)
3 TOKYO(HANEDA) SURFACE TOKYO(NARITA)
4 TOKYO(NARITA)  JAKARTA 【ALL NIPPON AIRWAYS】Business
5 JAKARTA SINGAPORE 【SINGAPORE AIRLINES】Business
6 SINGAPORE BANGKOK(BKK) 【SINGAPORE AIRLINES】Business
7 BANGKOK(BKK) OSAKA(KANSAI) 【THAI AIRWAYS】First
8 OSAKA(KANSAI) TOKYO(HANEDA) 【ALL NIPPON AIRWAYS】
9 TOKYO(HANEDA) NAGOYA(CHUBU) 【ANA WINGS】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。