令和元年にオープンした”パークハイアット京都”にある「京都ビストロ」でランチタイム

令和元年の年末、家族で2泊3日の京都旅行に出掛けました。

初日は定番の清水寺へ向かいます。
と言っても清水寺を参拝はせず、参道の両側に張り付くお店を覗きながら散策します。

kyoto

子供たちの大好きな八ツ橋のお店で試食させていただいたり、お洒落なカフェを覗いてみたり、お土産を探したりと、何度も来たところではありますが楽しいものです。

松原通りから産寧坂、二寧坂へと進みます。

途中、京都の珈琲店であるイノダコーヒーのほか、お洒落スターバックスを横目に見ながら、茶店で抹茶ダンゴを食べ小休止。

starbucks
maccha – dango

高台寺の向かいの圓徳院にあるアメリカンエクスプレスのラウンジに寄った後、どんぐり共和国二寧坂店へ。

American Express -Lounge
Intokuin

トトロ大好きな子どもたちは大興奮。あれやこれやと見ては、はしゃいで微笑ましいものです。

donguri – kyowakoku

そのどんぐり共和国の向かいに令和元年にオープンしたパークハイアット京都があります。

そして、二寧坂に面した1階に「京都ビストロ(Bistro Kyoto)」があります。

Kyoto – Bistro

お洒落でゆったりとした席配置の店内。入り口少し入ったソファと椅子の席に案内されましました。

Apple Pie
Kyoto – Bistro
Kyoto – Bistro

国内ですが、接客などの対応はほぼ全て英語で、インターナショナルです。

子どもたちは、まさかの全員同じメニューで、「照り焼きチキンバーガー」。出来れば違うのが食べたいのですが(笑)。

Kyoto – Bistro
teriyaki – Burger

その他、「日吉ポークカレーライス」や名物の「アップルパイ」「シャインマスカットのタルト」を注文。

Curry – Rice
Apple – Pie
Tart – Shin Muscat

肉汁溢れる肉々しいパテにしっかりしたバンズのチキンバーガーに添えられたジャガイモはカリッと旨味もあり好評でした。

カレーは、しっかりとコクと旨味があり、流石は一流ホテルと思わせてくれます。

名物のアップルパイは、それほど印象に残りませんでしたが、シャインマスカットのタルトは、生地部とフルーツの甘みが心地よく、好きな味わいでした。

食後は、少しだけホテル内を見せていただきました。鉄板焼きのお店から見る京都の風景は素敵でした。

Park Hyatt Kyoto
Park Hyatt Kyoto
Park Hyatt Kyoto
Park Hyatt Kyoto

令和元年12月@京都府


パークハイアット京都,ビストロ京都,Bistro Kyoto,鉄板焼き,照り焼きチキンバーガー,日吉ポークカレー,アップルパイ,シャインマスカットタルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA