【長崎】長崎県美術館のカフェで過ごしたい! ANAのB737-800にロードバイクを乗せ、いざ長崎へ。

外がまだ暗い早朝3時に自宅を出て、ロードバイクで中部国際空港(セントレア)を目指します。

りんくう常滑駅まで約50kmを2時間程で走り、ロードバイクを分解し、輪行袋に入れセントレアへ。

ANA PREMIUM check in

ANAカウンターで自転車を預け、ラウンジに立ち寄りつつ、2日前に制限区域内にオープンした無人店舗ANA FESTAを横目に長崎へ向かいます。

ANA FESTA GO

今回は、ANAのトクたび 9,000マイル(4,500マイル×往復)を利用しました。

長崎行きの機体はB737-800で、定番となっている非常口席(14A)を確保し快適フライト。

非常口席

長崎空港ではORCオリエンタルエアブリッジの機体と初対面。

ORCオリエンタルエアブリッジ

ロードバイクを組み立て、長崎空港・連絡橋を渡って長崎中心街を目指します。

長崎空港・連絡橋
長崎空港

長崎の街は、市電が走っていることに加え、なんとも言えない味があります。

画一化の進む都市において、独自色があって期待が高まります。

1600年代に遡る歴史がある眼鏡橋に立ち寄り、ランチタイムへ。

眼鏡橋
眼鏡橋

○江山楼

王道の「ちゃんぽん」(1,320)を注文。

太麺が鶏ベースのスープにしっかり絡み、また、もやしやキャベツ、豚肉や海老など具沢山。

江山楼・ちゃんぽん

健康的な感じがしますし、味わい優しいちゃんぽん、久しぶりに食べましたが、美味です。

1,320円は高いと思いますが・・・。

◎長崎県美術館

  • デザートサンド
  • ジンジャエール 712
長野県美術館・カフェ

開放感があって、洗練された空間。今回一番楽しみにしていた場所です。ずっと、ぼっ~としていたい(笑)。

長崎県美術館

隈研吾さんの設計・監修した空間は、なんだか好きです。2日連続立ち寄ってしまいました。

長崎県美術館の詳細はこちら。

◎出島ワーフ

美術館に隣接した港。雰囲気や海に輝く光、船に加え、奥にそびえ立つ稲佐山が素敵です。

オープンエアのテラスでのカフェタイムやビール・ワインタイムは最高に気持ち良さそうです。

出島ワーフ

翌朝ランニングの際に、稲佐山や出港していく船を見ながらモーニングタイム。爽やかな風が吹いて心地良かったです。

さらに心地良さそうだったATTIC coffee secondへも寄ってしまいました。

オープンテラス

ATTIC coffee secondの詳細はこちら。

○長崎駅

新幹線が2022年9月に開通することから長崎駅周辺の再編が進んでいます。

駅だけでなく、県警や県庁までスタイリッシュ。メッセやヒルトンまで隣接していて、良いね長崎!

◎共楽園

ここの料理は、どれも秀逸でした。

「うまいっ!」って心に刺さる感じで、連日訪問したいほど。

家族との来訪時は初日夜の第一候補かも。

  • 皿うどん(太麺)750◎
  • 角煮饅頭 350◎
  • 蒸し餃子 240(3個)◎
  • 芝麻球 110-2個

個人的には、共楽園 ≫ 江山楼です。

皿うどん
角煮饅頭
蒸し餃子
ゴマ団子

翌日のお昼に再訪してしまいました。

◎稲佐山・夜景

世界新3大夜景である長崎の夜景は、街を一望できる稲佐山から。

ロードバイク上りは、坂がかなり厳しく大変でしたので到着した時は感激。

フェラーリのデザイナー奥山がデザインしたスロープカーは、スタイリッシュで、夕焼けとのマッチングが絶妙でした。

スロープカー

藻岩山や函館の夜景ほどではないですが、夜景は綺麗です。

こじんまりとした感じと歴史ある出島の夜景と思うと3割増しです。

控えめなハートのイルミネーションも良い感じ(写真左側)。

夜景

個人的には夜景より夕焼けに染まる景色の方が印象的でした。

稲佐山の詳細はこちら。

◎ATTIC coffee second

トースト&コーヒーセット 550

出島ワーフのオープンテラスを満喫できる洒落た本格的な珈琲店。

オープンテラス前の窓を全開に開けたソファ席で、JAZZが流れる中、ヨットや稲佐山を眺めながらいただく珈琲は最高です。

ATTIC coffee second

時折響き渡る船の警笛は、歴史ある港町出島をじんわりと感じさせてくれます。

珈琲も本格的、トーストは厚切りでメープルシロップも付く内容。とても気に入りました。

トーストセット

ATTIC coffee secondの詳細はこちら。

○グラバー園

グラバー坂を散策しつつ、園内は家族と来た訪問する時まで延期としました。

グラバー坂

○コアンコアン

宮崎マンゴープリン 463

グラバー園に向かう途中、地元の人と思われる人達が続々と入っていくスイーツ店を発見。

コアンコアン
宮崎マンゴープリン

気になったので戻って、宮崎マンゴーパフェを購入し、港町付近でいただきます。

宮崎マンゴープリン

南国に来た感じがして気分が上がります。

○共楽園

前日に気に入ってしまった共楽園を再訪。

  • ちゃんぽん 700
  • 角煮饅頭 350
共楽園・ちゃんぽん
角煮饅頭

を注文。期待どおりの素朴な太麺ちゃんぽんと安定の美味しさの角煮饅頭に満足。

○福砂屋 長崎本店

長崎と言えばオランダ、オランダと言えばカステラ、カステラと言えば福砂屋(笑)。

ということで、福砂屋長崎本店へ。

福砂屋長崎本店
  • キューブ 540
  • ビスコチョ 1,080
キューブ&ビスコチョ

歴史ある福砂屋長崎本店を初訪問できたことが嬉しいです。

福砂屋長崎本店

カステラは、フワフワで濃厚。さすが福砂屋です。

◎ATTIC coffee second

モーニングで立ち寄り、気に入ったATTIC coffee secondを再訪。

完熟マンゴーパフェ

午後のおやつタイムなので、パフェセット(1,100)を注文。

  • 完熟マンゴーパフェ
  • アイスカフェラテ

のセットとなります。

窓側カウンターで、JAZZが流れる中、昨日のクライムコースである稲佐山とロードバイクを眺めながらいただく完熟マンゴーパフェタイムは至福です。

アイスカフェラテは、朝に座った快適なソファ席へ移動していただきます。珈琲にこだわりのある店なのでカフェラテも美味です。

アイスカフェラテ

ソファ席からは、海面に太陽光がキラキラと光っている様子が綺麗で印象的です。

出島ワーフ

※ATTIC coffee secondの詳細はこちら。

帰路も非常口席(15K)が確保できました。14列と異なりリクライニングが可能な非常口席なので、疲れのある復路便では助かります。

非常口席

長崎空港の滑走路は結構長いようで、32側から離陸が始まると9番(300m×9=2,700m)の表示が見えました。

CAの松本さんが感じが良くて心地良いです。

【旅のお供】
Audible(パラレルインカム)
Audible(天使と悪魔)

【旅のデータ】
◎長崎県美術館
◎稲佐山夜景
 グラバー園

△江山楼 ちゃんぽん
◎○共楽園 皿うどん ちゃんぽん 角煮饅頭

◎出島ワーフ
◎◎ATTIC coffee
 デジマテラス
 まぐろ丼

○福砂屋 長崎本店
○コアンコアン(スイーツ)
 隠れ居坂屋 魚たつ ランチ
 ツル茶ん ミルクセーキ
 自由喫茶室
 松翁軒
 cafe&bar ウミノ ミルクセーキ
 喫茶 冨士男
 Parfait&restaurant Hawaii
 音楽喫茶わたべ JAZZ

ANAトクたび 9,000マイル
First Cabin長崎 3,060ポイント
電車、バス

○ロードバイク
自宅~りんくう常滑
0304~509 (46km)
※23号高架下 0406 (23km)

長崎空港~長崎駅
0945~1220 (86km)

登山道入口~中腹駐車場
1848~1918 (93km)
1日目:100km
2日目:115km(長崎)118km

2022年6月@長崎県

長崎県,長崎市,ANA FESTA,長崎県美術館,稲佐山,夜景,江山楼,出島ワーフ,共楽園,角煮まん,ちゃんぽん,皿うどん,グラバー園,コアンコアン,ATTIC coffee second,福砂屋長崎本店,スロープカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。