早速、Go To Eat(ゴートゥーイート)キャンペーンを活用してみました!

 今年度の下半期開始となる10月に入り、Go To Travelキャンペーンの東京参加と同時にGo To Eatキャンペーンがスタートしました。

 少しでも地元経済復興に貢献できるように制度を調べるとともに、最初の週末となる10月3日に活用すべく、地元の「まるさ水産」へ行ってみました。

中トロまぐろ丼
芝海老と小柱のかき揚げ丼
ネギトロまぐろ丼

制度の概要

 Go To Eatの概要は以下のとおりです。

  1. お得な食事券を購入できる
  2. 事前予約をするとポイントを貰える 

 食事券は、10,000円支払えば12,500円分の食事券を貰えるというもの。25%分のプレミアが付くということです。

(愛知県においては)この記事を書いている10/3時点では、まだ購入ができず、8日からの受付開始、16日から利用可能となるようです。

 ポイントは、「一休レストラン」や「食べログ」、「ホットペッパー」などをはじめとしたグルメ予約サイトにおいて、Go To Eat対象のお店を事前予約すると、後日にポイントが付与されるというもの。

 ランチ(~14:59)の場合は、1人当たり500ポイント、ディナー(15:00~)の場合は、同じく1,000ポイントの付与。

 早速、一休レストランと食べログの予約サイトを使って、早速5つの予約をしました(D:ディナー、L:ランチ)。

  • まるさ水産【D】
  • 矢場とん【D】
  • ヒルトン(Afternoon tea)【D】
  • MIRAIE(Afternoon tea)【D】
  • JAL系 Cafe Canal 【L】

 ディナーの場合は、1,000ポイント×5人=5,000ポイントに加え、10%の上乗せ(期間限定)があります。

 上乗せの10%分について、一休レストランでは、予約時に使用可能で、食べログは後日のポイント付与となっています。

まぐろ漬け丼

【まるさ水産での活用例】

 利用額 (6,973円)

  • 中トロまぐろ丼
  • まぐろ漬け丼
  • ネギトロまぐろ丼×2
  • 芝海老と小柱のかき揚げ丼

 に対し、Go To Eatの活用により得られるポイント等(5,760円相当)は、

  • ポイ活利用(50円相当)
  • Go To Eat利用(5,500円相当)
  • クレジットカード利用(210円相当)

 払い 6,973円 > 貰い 5,760円相当 となっています。

食べログ(Tポイント獲得)

 今後、前述の商品券を購入し、支払いに充てれば、25%のプレミア分により、「払い」と「貰い」のギャップは縮まり、また、状況によっては逆転することもあり得ます。

 という基本的なことだけ認識しておいて、あとは地元経済の復興にも貢献しつつ、新型コロナウイルス感染防止をしっかりした上で、楽しみながら活用しようと思います。

注意点

  • 商品券、ポイントともに利用に有効期限がある
  • 商品券は、購入した都道府県でしか利用できない
  • 利用するポイントサイトを絞らないと活用しづらい
  • Go To Eat対象店であることをしっかり確認する
  • ポイントサイト利用には確実にログインする
  • キャンセルポリシーをしっかりと確認する 

 令和2年10月@愛知県

Go To Eat,Go to Travel,ゴートゥーイート,愛知県,商品券,ポイントサイト,キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA