ANA(全日空)の上級会員資格であるプラチナステイタス、SFC(スーパーフライヤーズカード)への道のり

航空会社の上級会員資格が附帯されたスーパーフライヤーズカード、通称「SFC」の存在は前から知っていたものの、身近に感じたことはありませんでした。

しかし、2年前の2018年にきっかけがあり、取得を目指そうと思いました。

ただ、その時はコストパフォーマンスが悪いと感じ、SFCではなく、ホテルの上級会員資格が得られるSPGカードの発行へと舵を切り、2019年はマリオット系のホテルを堪能させていただきました。

in Macau

プレミアムポイントとSFC

ANAをはじめとしたスターアライアンス連合の航空会社(飛行機)を有償で利用すると、プレミアムポイント(pp)を獲得できます。

年間のプレミアムポイントが一定レベルを超えると、ダイアモンドやプラチナ、ブロンズなどの各ステイタス、いわゆる上級会員資格が与えられます。

ダイヤモンドやプラチナのステイタスを保有していると、航空会社ラウンジへのアクセス権や、マイルの優先予約が出来るといった特典を得られます。

年間のプレミアムポイントが50,000ポイントを超えると、プラチナのステイタスが与えられます。

Platinum Status

ただし、このステイタスの有効期限は、基本的には単年限りであり、与えられた特典には期限があることになります。しかし、この特典を半永久的に継続する方法があるのです。

そこで、スーパーフライヤーズカード、SFCの登場です。プラチナステイタス以上を獲得すると、SFCの申込み資格が得られます。そして、SFCカードを取得すると、プラチナステイタスとほぼ同等の特典が与えられます。

同カードを保有する限りは、プラチナステイタス並みの特典が半永久的に継続するのです。つまり、たった1年だけでも、50,000プレミアムポイントを獲得すれば良いのです。

そのため、プレミアムポイントを獲得するために、ひたすら飛行機に搭乗する「マイル修行」に精を出す「修行僧」と呼ばれる人が存在することになります。

SFC保持には年会費がかかるものの、飛行機によく乗る方であれば、年会費以上の価値は十分にあるかと思います。


費用や日数

プラチナステイタスに到達するには、どれぐらいの費用と時間がかかるのでしょうか。費用については、50万円以上というのが一般的です。

1プレミアムポイントを獲得するのに必要な費用は、プレミアムポイント単価(pp単価)と呼ばれており、10円/ppを下回るレベルが実現できれば、相当に効率が良いチケットを確保できたとされます。

10円/ppを基準に考えると、50,000ppに到達するのには、50万円(50,000×10円/pp=500,000円)が必要というわけです。

また、どの程度の日数が必要となるのでしょうか。出来る限り費用を抑える場合で考えます。

一般的に、プレミアムポイント単価は、路線倍率が2倍で積算される国内線の利用が有利と言われています。中でも、羽田-那覇便や神戸-那覇便が有利と認識されています。羽田は競争率が高く、安価なチケットの確保が困難なため、神戸-那覇便で考えてみます。

チケットの種類は、コストパフォーマンスが良いと言われるスーパーバリュー75(もしくはスーパーバリュー55)とします。

ANA Flying Honu(A380-800)

【獲得pp】(スーパーバリュー75、またはスーパーバリュー55の場合)

  • 1,108pp(神戸-那覇便:片道)
  • 1,213pp(名古屋-那覇便:片道)

1日に4便(2往復)に登場したとすると「4,432~4,852pp」。1日当たり約4,500ppとすると、合計で12日程度は必要となります。

45便程度に搭乗し、効率良くチケットを確保して約12日程度といった感じです(プレミアムクラスへ搭乗すれば、便数や必要日数は減りますが、必要コストは増加します)。

「最低50万円以上、45回ほどの飛行機への搭乗」

これを高いと見るか、安いと見るかは、人それぞれの価値観の問題になってきます。

先述したとおり、私は、SFCに魅力は感じるものの、マイル修行チャレンジを見送った過去があります。


取得までの道のり

2020年に入り、新型コロナウイルスの影響で人の往来が規制され、航空業界は未曾有の危機に陥っており、搭乗客が激減している様子。

世界的に運行休止が相次ぐ中、ANAでは5,000人程度の客室乗務員がしばらく休業となるなど、経営上の困難に遭遇していると推察されます。

そのような中、ANAは搭乗客の獲得に向け、SFCの資格を得るためのプレミアムポイント倍増キャンペーンを展開しています。このキャンペーンにより、SFCの資格を得るための必要費用と日数が半分になります。

経営上の困難に遭遇していることが想定される中、ANAと利用者の双方にメリットのあるキャンペーンを展開するANAに感謝すると同時に、飛行機に乗ろうという気が涌いてきます。

キャンペーンの期間は、2020年6月末まで(の搭乗)であるため、早速、計画を立てるとともに、予約・発券に取りかかりました。

【予約・発券の全数】

  • 中部国際空港 ⇒ 那覇空港(3便)
  • 那覇空港 ⇒ 中部国際空港(3便)
  • 神戸空港 ⇒ 那覇空港(8便)
  • 那覇空港 ⇒ 神戸空港(8便)

結局、22便(延べ10日)の予約・発券をし、50,012pp(pp単価:3.7)ということになりました。

予約した便に運行休止等がない限りは、SFC発行の資格が得られるプレミアムステイタスが取得できることとなりました。

Platinum status

この先は、新型コロナウイルスの収束と航空会社の正常経営・通常運行を願います。

令和2年

ANA,全日空,スーパーフライヤーズカード,スーパーバリュー75,スーパーバリュー55,SFC,ダイヤモンドステイタス,プラチナステイタス,ブロンズステイタス,上級会員,ANA,マイル修行,マイル修行僧,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA