生活するように旅をするin Hawaii
Ono seafoodでahi(マグロ)丼を食べ、ダイヤモンドヘッドをハイキング・・・

ANAのフライング・ホヌ(A380-800)に乗ることを目的とした今回のハワイ旅。

「生活するように旅をする」のが、最近のお気に入りです。

ハワイ到着後、滞在先に荷物を置き、市民の足であるThe Bus(以下 バス)に乗ってダイヤモンドヘッドへハイキングに出掛けます。

途中、Ono seafoodが近いことに気付いたため、バスを降りahi(マグロ)丼を買いに北へと歩きます。

Ono seafood

店では、20人ほどの行列ができていたこともあり、前に並んでいた人と話す機会がありました。

その人は、カリフォルニアで働いているという日本人の女性で、休みが取れたためハワイに遊びに来ているということでした。

お互いに一人旅ということもあり、一緒にAhi丼を食べ、Malasadasで有名なLeonard’s Barkeryへ向かうこととなりました。

Ahi丼

醤油味のAhi丼はご飯との相性が良く、Malasadasはシナモンが効いていて好みの味わいでした。

Leonard’s Barkery

Leonard’s Barkeryで食後のデザートを取った後、女性がUberで手配してくれた車に乗り、ダイヤモンドヘッド登山口へ向かいます。

入口で1ドルを支払い、約15年ぶりにダイヤモンドヘッドに登ります。山頂までは、途中に若干の急勾配区間があるものの、軽いハイキングコースといった感じです。

天気が良かったため、山頂からは美しい青い空と青い海をバックに、ワイキキのホテル群が広がる絶景を見渡すことができます。

ベタではありますが、ダイヤモンドヘッドから海や空を眺めているとハワイに来たと実感します。

ダイヤモンドヘッド

帰りは、パイナップルジュースを飲みながらバス停まで歩き、バスに乗りワイキキの中心部へ戻り、プリンスワイキキの3階にある100sails & Restaurantでビール飲み比べセットを注文して休息をとります。

今回の滞在では、毎朝、ランニングをすることしています。ダイヤモンドヘッド方面へ向かうと、海ではサーファーが波乗りをしています。


海と日の出とサーファー

サーファーが波をかき分け、沖へ進むのを眼下に、オレンジ色に染まる水平線と手が届く距離と思えるほど近くに見える美しい雲群を眺めるていると、こんなハワイ生活もいいなと思えてきます。

そんな日の夜は、滞在先から定食屋「パイオニアサルーン」までブラブラ歩き、もち粉チキンを食べるのでした。

パイオニアサルーン


令和元年11月@ハワイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。