秋田料理が味わえ、酒どころ秋田の日本酒を堪能することができる「酒盃」は秀逸

秋田出張があったため、地域活性化に貢献する意味も含め(笑)、東北グルメを堪能することとしました。

今回の秋田出張にあたり、最も楽しみにしていたのは、酒どころ秋田の日本酒が堪能でき、秋田料理が味わえる名店「酒盃」の訪問です。

shuhai-entrance

昔ながらの日本家屋の入り口には、酒林(杉玉)が掲げられ情緒たっぷり。店に入ると、歴史を感じる一枚板のカウンター席があり、その奥に多くの日本酒が棚に並ぶ様子を見ることが出来ます。

カウンター席

事前に予約した「おまかせ料理」は、膳、近海産の刺身、季節の揚げもの、野菜、魚料理、肉料理、鍋料理、手打ち蕎麦の8品。

地元の食材を使った料理が中心ということで期待が高まります(追加で、比内地鶏の卵焼きも注文しました)。

まず1杯目に選んだ日本酒は、テレビでも放映された夏子の酒に登場する「純米大吟醸 夏田冬蔵(天の戸)」(半合)、吟醸酒特有の芳醇な香りが漂います。

膳と日本酒(夏田冬蔵)

日本酒とともに趣向を凝らした膳(小鉢)をいただきます。
近海物の刺身は新鮮で北の国へ来たことを実感させてくれます。

旬を迎えた季節の揚げものや野菜、魚料理を美味しくいただきながら、次なる日本酒を物色。

あまりアルコールに強くない私ですが、いろいろな種類を飲んでみたいため、「今月のきき酒 3種セット(1合)」を選択。
「大吟醸 天の戸(浅舞酒造)」
「純米吟醸 角右衛門(木村酒造)」
「純米酒 雪の茅舎(斎彌酒造)」
が少しずつ飲める利き酒セットとなります。

利き酒セット
季節の揚げもの

肉料理は比内地鶏で、様々な部位を自分で焼いて食べます。味わい深く、噛むほどに深みのある旨味が溢れ、非常に美味。

肉料理(比内地鶏)

鍋料理は、比内地鶏のスープにきりたんぽも入った秋田を感じさせる一品で、寒いこの時期には最適です。

きりたんぽも入った鍋もの
魚料理(あんかけ)

締めとして出される手打ち蕎麦は、専門店をも凌ぐのではないかというキレがあり、蕎麦好きの私にはたまりません。

蕎麦

どうしても気になった地鶏の卵焼きを別注し、大満足な酒盃でのひとときを締めくくります。

比内地鶏の玉子焼き

(余談)
帰宅した後、たまたま「クッキングパパ」の85巻を読みましたが、酒盃が登場していてビックリしました。

平成30年11月14~18日@秋田県・岩手県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。