世界を旅する【第19章】
エアバス社の誇る夢の2階建て飛行機「A380-800」のビジネスクラスに乗り、ラグジュアリー空間「シルバークリスラウンジ」を満喫する旅

19【シンガポール・マレーシア】
2018.11.08 ~ 2018.11.12(5日間)一人旅
シンガポール in ~ シンガポール out
エアバス社の誇る夢の2階建て飛行機「A380-800」のビジネスクラスに乗り、ラグジュアリー空間「シルバークリスラウンジ」を満喫する旅

世界にはエアバス社とボーイング社という2大航空会社があり、A380-800とB787は夢の飛行機として、いつかは乗ってみたい憧れの機体として知られている。

中でもシンガポール航空A380-800のビジネスクラスは、ファーストクラス並のサービスと空間を提供してくれると高評価となっているものの、残念ながら日本には乗り入れていない。
しかしながら、期間限定で関西国際空港に乗り入れるとの情報をキャッチしたため、早速予約を入れ、席を確保。

A380-800だけでなく、B787-10での運行もあるため、往路と復路のそれぞれで別の機体にすることも考えたが、A380-800を満喫するため、行き帰りともに2階建て飛行機を選択。

広く開放的な革張りのシートで、京都の料亭「菊乃井」主人の村井さん監修となる花恋暦という和食を堪能。チャンギ国際空港では憧れのラウンジである「シルバークリスラウンジ」で、のんびりとした贅沢な時間を過ごす。

飛行機を離れているときは、シンガポール市内を気ままに散策しつつ、高級紅茶のTWGでアフターヌーンティータイムを満喫するとともに、シンガポールからマレーシアへの陸路での国境越えを果たすなど、生活するように旅をした。

中部国際空港(セントレア) → 羽田国際空港 → (仕事) → 羽田国際空港 → 関西国際空港 → シンガポールチャンギ国際空港
シンガポールチャンギ国際空港 → 関西国際空港 → 羽田国際空港 → 中部国際空港(セントレア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。