京都「魚河岸 宮武」のランチは高コストパフォーマンス

京都の丹波口駅近くに中央卸売市場があり、隣接するぐらいの位置に「魚河岸 宮武」はある。

魚河岸と聞くと、それだけで美味しい気がしてくるし、実際も期待に応えてくれることが多い。

平日の11時に到着したにも拘わらず、少し行列ができている。
待ち時間を経て、案内されたのはカウンター席。お寿司屋のような雰囲気のカウンターで好みの店構え。日替わりランチとお造り御膳で迷ったものの、後者を注文。

肉厚なお造りが6種類

お造りの他にも、魚の揚げ物や南蛮漬けなどもあり、盛り沢山の魚三昧。厚めに切られたお造りは食べ応えがあり満足度も高い。

コストパフォーマンスの高い魚河岸でのランチでした。

夜のメニューも見せてもらいましたが、なかなかリーズナブルで夜の利用も良さそうでしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。